忍者ブログ

2017/04/23 (Sun)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/05/21 (Thu)
「クワトロの『U』るせない話」
Comments(7) | TrackBack(0) | ひとりごと
先日嫁が遭遇した話です。


母親教室で知り合ったママさんに、

『近所だからいつでも遊びに来て』って言われたので

遠慮しながらも行ってきたんですが、






























宗教の勧誘だったそうです(怒)




その人は3人目の子供で、うちは1人目、

妻は子育てのベテランに話を聞けると思って喜んで行ったんですが・・・・・・\(-"-)/

某宗教のの大元だとかなんとか、念仏を1日何分唱えると幸せになれるとか、
他の宗教はクソだとかなんとか延々と2時間以上軟禁されたようです。
 


妻が、うちは無宗教だからと断ると、

何で無宗教なのか?何故入らないと質問攻め、

道理が通じません。

完全に逝っちゃってますヽ(  ̄д ̄;)ノ

あまり強く断る事もできないでいると更にそこに付け込んできてほとほと困ったようです。

息子がグズッったら口実に帰ろうとしていたらしいんですが、

そんな時に限って、










息子は超ゴキゲンでニコニコ・・・・・・・orz



それでも、

仕事があるからとなんとか切り上げて帰ってきたんですが、

帰り際に、



逝ってる婦人 『またいつでも遊びに来て』

妻『はは、どうも~』
意訳(2度と来るかボケー!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻ )


というやりとりがありグッタリと疲れて帰ってきました。


後から考えれば色々おかしいところがあったらしいんですが、
(住所・職業を根掘り葉掘り聞かれたり、1度目は、風邪だからうつしたら困るからと断ると、うちは大丈夫だから来てとか)

結構年上だし、同じ男の子の親だし友達になれるかも?

という思いの方が勝ったようです。

結構凹んで帰ってきたんで、

お互いうまい話には気をつけようと変な慰め方をしたりして(^^;;


それにしても何でアノ手の輩には道理が通じませんね。

そりゃ信教は自由だし誘うのは勝手だけど、

嫌がってる人を無理やり言いくるめてまで勧誘するのはどうだろうか?

と。

まぁ、本人達はそれが正しいと思ってるからなんでしょうけど・・・・


神様の存在は否定はしませんけど、

宗教を作ったのは人間ですからねぇ、

作った人間が他の人間をうまくコントロールできるように出来てるわけで。

ある意味一番神を冒涜してるとも言えなくもないような・・・・・




皆さんも気をつけて(^^;;;

PR


トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by パパ3  2009/05/21 18:14
宗教の信仰は人それぞれですからねぇ^^;
虫やハチュの好みが人それぞれの様に(笑
2. posted by CONCEPT  2009/05/21 21:43
私も商売柄たくさんありますよぉ~~~

そんな時はきまって家は『だいじょうぶだ教』だからっ!!!と断りますっ。(笑
3. posted by クワトロ  2009/05/21 22:17
パパ3さん>信じるものしか救わない~せこい神様拝むよりは~♪ってBzの歌の1節が浮かびました(笑)
押し付けられるのは我慢なりませんね(怒)


CONCEPTさん>うちも絵穂場とか降伏の蚊顎とかたまに来ますよ~。
責任者じゃないんでわかりませんと逃げますが(爆)
今度からうちもだいじょうぶだ教って言ってみようかなぁ(^^;;
4. posted by TAR坊  2009/05/22 20:07
こんばんは。

信仰とは便利なモノです。
「神」の存在を信じるだけで死の恐怖から逃れられ
「聖戦」の名の下に他の命を奪う罪悪感から逃れられ・・・

いやぁ信仰ってホント便利です(笑

ちなみに私は「ブゥードゥ教」と答えます。
「呪ったろか?」と問うと逃げてきますよ(笑

5. posted by クワトロ  2009/05/22 22:11
不安を煽る様な事を言って入信させるとこは細木●子と同じ手口です(笑)
地獄に落ちるわよ!みたいな(^^;;
ブゥードゥー教ねぇ(汗)
6. posted by トモロウ  2009/05/23 09:26
私は、オマン教ですよ!

いつも手を合わせて拝んでます

あぁ~桃源郷~
7. posted by クワトロ  2009/05/23 15:58
トモロウさん>それなら絶対に入信します(笑)

コメントを投稿する






<< 『B』ack  |  ホーム  |  『T』AIYOのKOMACHI ANGEL >>